1. HOME
  2. 血液サラサラになる方法青魚のDHA・EPAで血液サラサラに!おすすめの食べ方は?

青魚のDHA・EPAで血液サラサラに!おすすめの食べ方は?

青魚が二尾並ぶ画像

魚には健康に良いとされる様々な栄養素が含まれています。中でも青魚には血液をサラサラにしてくれる成分としてDHAやEPAが含まれているのです。

青魚で血液をサラサラに

現代人の血液というのは、肉類の食べ過ぎによってコレステロールが増え、ドロドロになりがちです。しかし、青魚に含まれているDHAやEPAには血中の悪玉コレステロールを少なくして、中性脂肪を下げてくれる効果があります。

さらに、善玉コレステロールを増やしてくれる効果も確認されているので、血液がドロドロになる原因を改善しつつ、血液をサラサラにしてくれるでしょう。特にイワシやアジ、サンマといった昔から愛されている青魚にDHAやEPAは多く含まれており、意識しておけば摂取するのが難しいということもありません。

焼き魚で取り入れよう

青魚に含まれるDHAやEPAは熱に弱いという性質を持っているため、出来ればお刺身で食べるのが一番血液サラサラに効果的と言われています。とは言っても、青魚は非常に鮮度が落ちやすく、お刺身で食べるのは非常に難しいでしょう。

そこで、焼き魚で食べることをオススメします。熱に弱いとは言っても、約程度であればDHAやEPAが完全に死滅するということも無く、平均で20%程度劣化するだけです。この程度であれば、摂取に支障があるとは言えないでしょう。ただし、揚げ物のように高熱で調理してしまうと、DHAやEPAの栄養価が50%以上も落ちてしまうので、この点だけは注意しておいてください。

最高評価のもろみ酢サプリ「濃縮元気もろみ酢」の口コミ評判は?

© 2019 黒酢・もろみ酢サプリメント比較ラボ All Rights Reserved.