1. HOME
  2. 血液サラサラになる方法食材選びのカギ!「オサカナスキヤネ」が血液サラサラの合言葉

食材選びのカギ!「オサカナスキヤネ」が血液サラサラの合言葉

たくさんのシメジの画像

血液サラサラの合い言葉「オサカナスキヤネ」を覚えよう!

あなたの血管年齢は何歳ですか?人間の年齢は数えることができますが、血管年齢は普通に生活を送っているだけでは知ることはできません。それなりに健康には気をつけているという方でも、意外と血流が悪い方や冷え性に悩まされているという方も多く、血の巡りがうまくいっていない方も少なくありません。実はこの血液をサラサラにして良い状態にすることで、多くの悩みから解放される可能性は非常に高いのです。

そこで是非実行していただきたいのが「血液の若返り」ですが、とはいうものの具体的な方法はあまり知られていません。おすすめの方法のひとつとして、クエン酸やアミノ酸がたっぷり含まれた黒酢を毎日飲むというのがあげられますが、これ以外にもおすすめの食材は実はたくさんあるんです。でもたくさんあればあるほど覚えられない、なんとか効率の良い覚え方はないものか。そういった声に答えるようにつくられたのが「血管若返りの合い言葉」なのです。

サラサラの血液と、その血液を通す元気な血管を作るためにどんな食材をとればいいのか、それを分かりやすく示してくれるこの合い言葉は一度覚えてしまえばとっても簡単。毎日の食事に行かすことができるのでとってもおすすめです。その言葉は「オサカナスキヤネ」この8文字です。さて一体どんな意味が込められているのか、詳しく解説していきましょう。

「オサカナスキヤネ」を解説!覚えればあなたも血液サラサラ

まず「オ」はお茶のこと。コレステロールを下げたり抗酸化作用を持つカテキンが含まれたお茶を飲むことで、血の状態をよくすることができます。日頃飲むお茶を少し意識してみるといいでしょう。続いて「サ」は魚のこと。マグロやブリなどに含まれるDHAやEPAは血流を良くするために欠かせない栄養です。お肉ばかり食べていないで、魚を食べる習慣をつくりましょう。

そして「カ」はワカメや昆布など海藻のこと。ミネラルも豊富で食物繊維たっぷり、ヘルシーメニューに欠かせない食材でもあります。「ナ」は納豆のこと。あのネバネバ成分は体にいいとよく言われていますが、納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓を溶かす効果を持っています。アレンジしながら毎日食べたい食品の一つです。

さあ後半もいってみましょう。「ス」は先ほども疲労回復におすすめとしてあげたお酢。クエン酸やアミノ酸の力で血液をサラサラにさせることができます。サプリメントにもなっているので、気軽に摂取できるのが嬉しいですね。

「キ」はきのこ。ダイエットメニューの定番でもあるきのこは、コレステロールや血糖値を下げるのに高い効果を発揮します。「ヤ」は野菜。ビタミンや食物繊維が豊富な野菜は、できるだけ毎日たくさん食べたいところ。1日350gを目標に摂取していきましょう。最後に「ネ」はねぎ。薬味などにも欠かせないねぎは、血栓を予防するにも非常に効果的です。

バランスよく食べることが何よりも大切!

どれも偏って食べればいいのではなく、満遍なくバランスよく食べることが大切です。それぞれに必要な働きを行ってくれるので、どれかだけを食べておけばいいやということではなく、色んなものをしっかりと食べるようにする!というのがこの合い言葉にこめられたメッセージなのです。

毎日忙しくきちんとした食事をとれていない方も多いですが、本当に健康になりたい、血液を正常な状態にしたいと考えているのであればやはり食生活の見直しは重要です。「オサカナスキヤネ」の合い言葉を参考にしながら、是非普段の食事に活かしてみてください。基本の食事をきちんとするだけでも、血液は変わってきますよ。

最高評価のもろみ酢サプリ「濃縮元気もろみ酢」の口コミ評判は?

© 2019 黒酢・もろみ酢サプリメント比較ラボ All Rights Reserved.