1. HOME
  2. 黒酢・もろみ酢をもっと知る実は黒酢はアルカリ性食品って知ってた?黒酢が体にいい理由

実は黒酢はアルカリ性食品って知ってた?黒酢が体にいい理由

実は黒酢はアルカリ性食品って知ってた?黒酢が体にいい理由

酸っぱいけれど「アルカリ性」黒酢が持つ恐るべきパワーとは

酸っぱい食品というと梅干しやレモンにすだちなどの柑橘系、黒酢などが主に挙げられるでしょう。どれもクエン酸が含まれていて、疲労回復に役立つものばかりです。なかでも黒酢は健康維持やダイエットなどの美容にも役立つ食品として重宝されており、黒酢を使ったサプリメントやドリンクなど、様々な種類の商品が販売されています。そのまま飲むのは味やにおいが苦手という方も多いのですが、サプリメントや果物を一緒にブレンドして作ったものなど、気軽に誰でも口にできるよう様々な工夫がされているものも多いです。

そんな黒酢などのいわゆる酸っぱいものを、疲れが溜まってくると口にしたいと思うことはありませんか?夏バテなどであまり食欲がない場合も酸っぱいものならサッと口にできるのでいい、とお酢を使った料理のレシピなども頻繁に紹介されています。あまり食べたい気持ちが起こらないときでも、なぜ黒酢などのすっぱい食品なら大丈夫なのでしょうか。そして、疲れた時に欲するのはどうしてなのでしょうか。その疑問について少し考えてみましょう。

疲れた時の体は「酸性状態」に傾いているのが原因です。

酸性・アルカリ性、という言葉を皆さんご存知でしょう。ものの性質を表す時に使用されるものですが、人間のからだも実は酸性とアルカリ性、どちらかに傾くことがあります。体内の水素イオン濃度、つまり体の中を流れる血液のpH値によってどちらかに変化しているのがわかるのですが、一般的にこの数値が6.8pH以上になると体が酸性となり、体が疲労状態であることを意味します。体が疲れてくると乳酸などの疲労物質が溜まり、ドロドロ血を作ってしまうこともあります。そのまま放置してしまうと、生活習慣病などの恐ろしい病気のリスクが高まるなど、実は酸性状態の体は健康のために非常によくない状態なのです。

しかしここで気になるのが「酸っぱいもの・酸が強いもの=酸性?」それなら酸性の体をもっと悪化させてしまうのではないか?という心配でしょう。疲労のために効果があるとされている黒酢は意味がないのでは、と思うかもしれません。でも安心してください、実は黒酢はアルカリ性食品なんです。

体にいい黒酢は積極的に摂取するのがオススメです。

酸性食品、そしてアルカリ性食品。これらを分ける基準として大切なのはミネラルの比率です。マグネシウムやナトリウムなどのことですが、体に吸収される際にアルカリ性の効果を与えるミネラルの比重が多い場合は、アルカリ性と分類されます。そういったことから黒酢は、アルカリ性の食品に分けられているのです。

黒酢などに含まれるクエン酸は、体内に入ると乳酸の発生を抑えたり、うまくエネルギーに変えたりするなど疲労をとるために様々な働きをしてくれます。あの独特の酸味は体を酸性状態から救ってくれるもの、体をアルカリ性にするために働きかけてくれるとても頼りになるものなのです。最近では黒酢=健康にいいもの、という認識は当然になってきていますが、実際にその効果をまだ実感したことがないという方も多いようです。疲労にとても効果があるので、体に疲れを感じている方はぜひ黒酢を活用してみてください。

先ほども挙げたように、黒酢は液体のものだけでなくサプリメントなどでも簡単に摂取できるようになっています。どれがより高い効果を持っているのか、ということにこだわるのも大切ですが、しっかり効果を実感するためには毎日継続して飲むことが重要です。ですから、自分が一番続けやすい方法で飲むのが一番。あれこれ形にこだわりすぎず、まずは続けやすい方法で黒酢習慣をはじめてみてはいかがでしょうか。

黒酢はどんなふうに摂取するのがおすすめ?

では、ここからはそんな健康に良いとされる黒酢の効率的な摂取方法について考えてみましょう。ざっくりと大まかに分類するとすれば、黒酢の摂り方は「瓶などに入っているものを飲む(食べる)」もしくは「サプリメントでとる」の二つです。それぞれの特長について少し詳しく掘り下げていきましょう。

黒酢をそのまま飲む(食べる)という方法

市販の黒酢は今や様々な種類のものが販売されています。本当に原液そのままのシンプルな黒酢ももちろんありますし、果汁が入るなどして飲みやすさ重視にこだわったものまで、好みのものを選ぶ楽しさもあるでしょう。結論からいうと「自分の好きな物を選べばいい」につきます。

というのも、仮に一番シンプルなタイプを使ったとして、それが美味しいと感じられなかったり無理矢理飲んだりしなければならないという意識を持っていると遅かれ早かれ挫折してしまう可能性が高いからです。確かにシンプルなものほどダイレクトな効果が期待できます。しかしそれだけではない、自分が続けられると思えるものを選ぶ方が続けて飲んでいける分効果を実感しやすいのです。

黒酢は飲む以外の方法としては食べるというものがあげられます。これはそのままスプーンで食べるという意味ではなく、お料理のなかに使用するという意味です。南蛮漬けや浅漬け、煮込み料理に使ってもいいでしょう。味をまろやかにしてくれたりお肉を柔らかくしてくれる効果もきたいできるので、こういった使い方をするならシンプルな黒酢も使いやすくなるかもしれません。

サプリメントを飲むという方法

こちらも非常に一般的な方法となっていますが、黒酢のサプリメントを毎日飲むという方法です。何といってもメリットは「そのまま黒酢の栄養を手軽に摂ることができる」という点です。

これならばお酢の風味が苦手な方も飲みやすいですし、いちいちドリンクを用意したりする必要もありません。忙しい方にもおすすめの方法ですので、手っ取り早く黒酢を飲みたいと思っている方はこちらの方法をおすすめします。要は、ご自身が続けやすいかどうかが基準になるということです。

黒酢の持つパワーというのは今の段階でもかなり大きなものであることが分かっています。大昔から存在する酢のちからは、食べるだけでなく様々なものにも使われています。その素晴らしさを実感するためにはまずは毎日続けてみるのがいいでしょう。

最高評価のもろみ酢サプリ「濃縮元気もろみ酢」の口コミ評判は?

© 2019 黒酢・もろみ酢サプリメント比較ラボ All Rights Reserved.