1. HOME
  2. 黒酢・もろみ酢をもっと知る体臭を予防する効果もある黒酢!飲んでもお風呂にしても効く理由

体臭を予防する効果もある黒酢!飲んでもお風呂にしても効く理由

体臭を予防する効果もある黒酢!飲んでもお風呂にしても効く理由

もしかして体臭?気になる体のニオイに「黒酢が効く」

汗は夏だけケアすればいいわけじゃありません。年がら年中、起きてから寝る間まで人間はずっと汗をかき続けています。もちろん人によって汗をかきやすい、かきにくいはありますが、気づかない間にも汗は流れ続けているのです。この汗、健康な人であればかいても肌表面はサラッとしているし、においも気になりません。ところがなんだか汗をかいたあとは肌がベタついている、ツンとしたにおいが気になる、なんて方は要注意です。自分で思っている以上にまわりに汗のにおいを振りまいている可能性があります。

先ほどもあげたようにツンとした嫌なにおいがする汗、この原因はアンモニアと言われています。このアンモニアの濃度が高くなるほど汗のにおいはきつくなり、自分だけでなく周りの気分も不快にさせてしまいます。制汗剤をつけたとしても、表面的なにおいは消えますが根本的な解決にはなりません。においを断つためには原因となるそのものにアプローチしなくてはなりません。

そこでおすすめしたいのが「黒酢」なのです。疲労回復や美容効果も期待できる黒酢には、実は汗の悩みを解決してくれる成分がたっぷり含まれています。そしてそれは飲むだけでなく、お風呂に入れることで効果を発揮させることもできるんです。

黒酢でにおいを元から絶つ!そのための方法とは

汗のにおいの原因となるアンモニア、この濃度が高まることで汗のにおいは強くなります。ではその濃度を下げるためにはどうすればいいのでしょうか。ここで役立つのが黒酢の力です。黒酢にはクエン酸が含まれており、これは体のエネルギーを生産させる働きであるクエン酸サイクルを活性化させるために必要な成分です。このクエン酸サイクルをしっかり働かせることで乳酸の分解をし、効率よく機能させることができます。乳酸の発生を抑え分解をすることで、アンモニアの発生を防ぐことができる。つまりにおいの原因を作らないようにする、それが可能となるのです。

このクエン酸を積極的に摂るためには毎日黒酢を飲み続けることが大切です。毎日手軽に飲みたいのであればサプリメント、ドリンクなどでしっかり摂りたければ飲み物タイプがオススメです。基本的にどちらも得られる効果は同じですが、自分が継続して飲める方を選択することが大切です。

飲むだけじゃない、お風呂に入れても効果あり!

体の中から黒酢でニオイの元を抑えるのが一番ですが、それとあわせておすすめなのが酢をお風呂に入れることです。汗のニオイや加齢臭の原因ともいわれているノネナールという成分の発生を防いでくれて、さらに雑菌の繁殖を抑えてくれる効果もあります。普段のお風呂にコップ半分程度のお酢を入れて混ぜるだけ、たったそれだけで高い殺菌効果を得ることができます。お酢をお風呂に入れるなんて臭そう、と思うかもしれませんが軽く香る程度なので安心してください。お風呂の中がお酢のニオイで充満するということはありませんので、気にすることなく入浴できます。

ただしどちらにも言えることですが、飲む際もお風呂に入れる際も「飲み過ぎない・入れすぎない」ことが大切です。ついにおいが気になる方は過剰に摂取してしまう傾向がありますが、なんでもほどほどの量が一番効果を発揮するのです。その一日だけ頑張って黒酢をとるのではなく、毎日継続していくことが大切。お風呂は毎日酢のお風呂にしなくても一週間に何回か、など無理のない範囲で行うことが大切です。

飲んでよし、お風呂にしてよし。是非そのお酢のすごい力を存分に体で感じてください。なんとなく汗のニオイが気になる方は、まずできる方法から試してみてはいかがでしょうか。

最高評価のもろみ酢サプリ「濃縮元気もろみ酢」の口コミ評判は?

© 2019 黒酢・もろみ酢サプリメント比較ラボ All Rights Reserved.