1. HOME
  2. 黒酢・もろみ酢をもっと知る痛風の予防に黒酢が効果的!尿酸値が下がる理由はコレ 

痛風の予防に黒酢が効果的!尿酸値が下がる理由はコレ 

血液検査の検査器具

痛風にも黒酢が効く?尿酸値を下げてくれるパワーとは

かつて贅沢病とも言われていた痛風。その由来はプリン体を多く摂取することが原因であったと考えられていたため、そのように言われていました。このプリン体はお酒やフォアグラなどといった贅沢な食材に含まれていることが多かったため、そのように呼ばれていた時代もあったのです。

かつての日本の食生活といえば和食が中心で、野菜や魚がメニューに並ぶことが多かったのでこのような症状が注目されることはほとんどありませんでした。しかし最近は食生活にも変化があり、脂っこい料理や色々なな食べ物を口にする機会も増え食べ過ぎている、つまり過食気味の傾向にあります。そのため体内で処理が追いつかずに痛風を発症してしまうなど、その他にも何らかの原因によって血液中の尿酸濃度が上昇してしまいやすくなっています。

痛風を発症すると、ある日突然足の親指の付け根あたりが激しく痛み、うずくまって動けなくなるほど強烈な激痛に襲われるといいます。病名にもあるように「風があたっても痛い」と例えられるほど、その痛みは非常に強いものであることがうかがえます。

さて、そんな痛風ですが実は「黒酢」が痛風の症状を和らげてくれる働きを持っていることをご存知ですか?健康食品としても常に注目を熱めている黒酢は、痛風の原因でもある「尿酸値」を下げてくれるパワーを持っているのです。その黒酢のすごさについて少し説明していきたいと思います。

黒酢のアミノ酸とクエン酸が痛風に働きかける

先ほども少しお話ししたように、痛風に大きく関わるのが「尿酸値」です。痛風に一度なってしまうと、この尿酸値を下げるための薬をずっと飲み続けなければなりません。本来、健康な状態では尿酸は血液中に溶けて体内を循環しているため、ほとんど気にする必要はありません。

ところが尿酸が異常に増えてしまうと、血液中に溶けきれず結晶化してしまい、その結晶化した尿酸が体の関節に沈着するなどして関節炎などの症状を引き起こすのです。それが激痛の原因となってしまうわけですが、そこで黒酢が持っている効果が役に立ちます。まず黒酢に含まれているクエン酸。このクエン酸は疲労回復にも大きく貢献してくれることでも有名ですが、尿酸値を下げる効果も持っています。

痛風を改善させるためには1日2g以上の摂取が目安であると言われているため、毎日欠かさず黒酢を飲み続ける必要があります。またアミノ酸のパワーも痛風の改善に役立ちます。アミノ酸を摂取することによって血行を良くし、老廃物の排出を促すなど尿酸を外へ出させる効果を後押ししてくれます。つまり両方の栄養素がたっぷり含まれた黒酢は痛風の改善に大きく役立ってくれるということ。現在痛風を発症している方はもちろん、予防のためにもおすすめです。

毎日飲むなら「黒酢サプリ」がおすすめ

しかし黒酢はなんだか苦手、と感じている方も多いでしょう。そんな方には気軽に毎日飲める黒酢サプリをおすすめします。お酢の独特の風味も気にすることなく、習慣にしやすいのでドリンクを飲むよりもずっと楽に続けることができます。黒酢を飲むことで痛風の予防につながることはもちろん、疲れやすいからだの改善や美容対策にも効果を発揮してくれるので、老若男女問わず積極的な摂取がおすすめです。

もちろん日頃から料理に活用するなど、黒酢をあらゆる場面で使っていくのもいいでしょう。最近はたくさんの種類の黒酢サプリが販売されているので、自分の好みに合わせて選ぶと更に高い効果を得ることが出来ます。痛風はなってみないとその痛みは分かりません。できるならばその痛みを知ることなく一生を過ごせるよう、日頃から予防していきましょう。

最高評価のもろみ酢サプリ「濃縮元気もろみ酢」の口コミ評判は?

© 2019 黒酢・もろみ酢サプリメント比較ラボ All Rights Reserved.