1. HOME
  2. 黒酢・もろみ酢をもっと知る口臭や歯周病対策にオススメ!黒酢うがいのやり方と効果について

口臭や歯周病対策にオススメ!黒酢うがいのやり方と効果について

歯ブラシと水の入ったコップを持っている人

口臭や歯周病対策の意外な方法「黒酢うがい」ってご存知ですか?

毎日朝晩、きちんと歯を磨いているけれどなんとなく口臭が気になる。最近なんとなく歯茎がブヨブヨしていて、締まりがない感じがする。これらの気になる症状が出始めたら要注意!口臭や歯茎の不調は「歯周病」を患っている可能性大です。歯周病は中高年に差し掛かる頃に増えるといわれていますが、最近では若い世代の方でも歯周病にかかっている方はめずらしくありません。歯磨き粉や洗口液なども歯周病対策用のものが増え、多くの方がそういったものを活用して予防や改善に努めています。

歯周病はただ歯の周りだけの病気と言う訳ではなく、実は全身とも深い関わりがあるとも言われています。一度は名前を聞いたことがあるであろう「動脈硬化」も、この歯周病菌が血液に侵入することで、その症状を悪化させる可能性があると指摘されています。つまり大げさに言えば、歯周病菌を放置することは命の危険をおびやかすことにもなりかねないのです。そんなおそろしい病気はできるだけ予防すること、これが大切です。

そんな気になるお口の中のトラブルに効果を発揮してくれる意外なものとして、最近注目を集めているのが「黒酢」です。健康食品の代表的なものとしても知られている黒酢、この黒酢をなんと「うがい」に活用することで口臭や歯周病の対策ができるというから驚きです。なぜ「黒酢うがい」が口内のトラブルに効果を発揮してくれるのか、またそのやり方についてご説明していきましょう。

黒酢は飲むだけじゃない!正しい「黒酢うがい」の方法と効果とは

黒酢と言えば一般的に食品に分類されるため、飲んだり食べたりするのが通常の摂取方法です。しかし今回口臭や歯周病対策として活用する黒酢は飲むのではなく、うがいをするものとして使用します。まずなぜ黒酢がお口の中のトラブルに効果があるのか、それは黒酢が持つ豊富なアミノ酸の作用にあります。アミノ酸には「収れん作用」というものが含まれ、こちらは歯茎を引き締めてくれる働きがあります。

それに加えて歯茎の状態を回復させる助けもしてくれるため、歯周病によって悪くなった歯茎の状態を整えてくれる効果があります。口臭に関しても、この歯周病が原因となって起こっている場合は効果テキメン。臭いの原因菌を断つこと、そして黒酢が持つ殺菌効果によって口臭を抑えることが期待できます。黒酢うがいの方法は至って簡単です。黒酢を30mlとそれに水を加え、コップ一杯分程度の量にします。

丁寧なブラッシングを行った後、最後にその黒酢でうがいをするだけ。たったこれだけのシンプルな方法を毎日続けることで、歯周病の対策を行うことができます。今口の臭いが気になっている方、歯周病の症状を訴えている方は一度試してみてください。基本的に黒酢は質の良いものであれば何でも構いませんので、まずはできる範囲からやってみることをおすすめします。

身近なものでも対策はできる!まずは試してみてください

黒酢はからだの健康を守るために役立ってくれる健康食品です。一般的な洗口液とちがって、万が一飲んでしまっても特に問題はありません。ピリピリとした刺激もありませんし、最後に水でゆすげば臭いもそれほど気にならないでしょう。試してみる価値はありますので、まずはやってみてください。

ただし症状が改善しない、気になることがある場合は歯科で診てもらうことをおすすめします。決して自己判断だけで済ませてしまわずに、時には適切な治療を受けることも大切です。何かおかしいと思った時は迷わず診察を受けること。黒酢のパワーは絶大ですが、それだけに頼りすぎないようきちんと見極めるようにしましょう。

最高評価のもろみ酢サプリ「濃縮元気もろみ酢」の口コミ評判は?

© 2017 黒酢・もろみ酢サプリメント比較ラボ All Rights Reserved.