1. HOME
  2. 疲労回復の方法寝るときの姿勢も重要だった!睡眠で疲労回復する寝方って?

寝るときの姿勢も重要だった!睡眠で疲労回復する寝方って?

ベッドで眠っている外国人女性の画像

寝る時の姿勢を意識したことはありますか。実は就寝時の姿勢によって疲労回復効果が違い、寝ても疲れが取れないという人は姿勢が原因なのかもしれません。

睡眠と姿勢

就寝時の姿勢というのは、睡眠に大きくかかわりがあります。その姿勢によっては、何時間寝ても疲れが取れずに、起きたときにダルさを感じてしまうこともあるのです。人間は1日の3分の1は睡眠時間といわれており、この時の姿勢というのは実はとても大切なもの。正しい姿勢で睡眠をとるようにすれば、短い時間であっても疲れを最大限に取ることができ、次の日も元気に働くことが出来るでしょう。

どんな姿勢がベスト?

一番疲れがとれる姿勢は、仰向けです。テレビやアニメなどの睡眠に多い寝方ですが、実際に仰向けで寝ている人は意外と少ないのではないでしょうか。仰向けであれば、手足の力を自然と抜くことが出来、体のどこかに集中して体重がかかることも無く、リラックスした状態で眠ることができます。

仰向けは意識的に

良質な睡眠に必要なのは、いかに体全体の負荷が均等になるかということです。そのため、仰向け以外の姿勢だと、どこかしらに圧力が集中してしまったり、手が体の下敷きになって血行が悪くなってしまったりと、何かしら睡眠の妨げになる原因が発生します。

そこで仰向けというわけなのですが、普段から猫背だったりする人は、仰向けが辛くて無意識に横向きになってしまいがちです。だからこそ、寝る時は仰向けになるということを意識して、自然に仰向けで睡眠できるようにして見てください。

最高評価のもろみ酢サプリ「濃縮元気もろみ酢」の口コミ評判は?

© 2019 黒酢・もろみ酢サプリメント比較ラボ All Rights Reserved.